自己愛の過剰摂取

メンヘラオタクが暇つぶしに何か書きます

感情のメモ、怒り

人が物事に対して理想を持って、その理想からそれた出来事に対して許容できる範囲でなかった場合に自分を正当化するために怒りという感情を使って正当性をアピールする。 他者が怒りの状態であるとき、脳内麻薬が出ており自分の思考の正当性のみを信じて動い…

もう無理ですね

死にたいなー死にたいですね自分には何もなかったのに今は他者を傷つけたという事実だけが残っていてそんな人間生きてる価値もないのに人のこと殺したも同然なのにこれからいいことなんて起こったとしても人を殺してしまった事実は消えなくて一生それを背負…

いつも変わらず

ある日の夜明け、傍らで安心しきった表情で寝ている彼を見て愚かに思い、彼を愚かだと思う自分がひどく惨めに感じた。 私は今まで他者に対してあまり正直に話したことがない。自分の意志は社会の生きていく中ではあまり関係がないもので、いつだってより社会…

殺してください

まじで一生彼女を傷つけたことを背負って生きていくのか?ぼくは愚かな人間なのでどうしても自分は彼女のことを救えたんじゃないか一生一緒に入れたんじゃないかと考えてしまいます。別にぼくだけのせいじゃないとか人一人じゃ他人の人生は変えられないとか…

近況です

ブログを全く更新していませんでしたが、皆さん暇つぶしかなんだかわかりませんが、結構いろんな人に未だに確認されているみたいですね。 近況ですが、仕事をやめて今は実家で何もしていない状態です。彼女が死んで1ヶ月後、一応仕事に復帰してみたものの、…

彼女が自殺しました

7月1日、私の大好きだった彼女が自殺しました。自殺方法は電車のホームへの飛び降り自殺。その行為をツイートキャスティングで放送していたらしく、インターネットに出回っていました。 彼女の自殺の原因は様々あると思います。彼女は精神病を抱えていました…

コミュニケーションについて

人間同士のコミュニケーション方法の中で、共通の他人についての悪口を共有するというものがある。これはインターネットにおいてもリアルにおいてもよく見かけるが、自分はこの方法のコミュニケーションをあんまりとったことがない。その理由について考えて…

私の中にある私の理想は、いつだって私を傷つけるためにある。 季節が春になると世界が一変する。命が芽吹き花が咲くように、私を取り巻く環境も次々と変化を見せる。私は今日、いよいよ高校生になるらしい。思ったよりも勉強もしておらず、今までろくに努力…

ゲームをしています

ゲームというものは基本的に誰しもが役割を持っていて、その役割の中から自分が今一番したいものを選択して演じて行くもの。 最近することがなくて永遠とゲームをしている。自分が何者かになり、その役割をこなしていく作業。味方がその者の役割をこなさなけ…

社会

自分のブログを読んでいるとこの頃の自分は今よりも生きているなと思う。最近は私もずいぶん歳をとってしまって、人生と自分の存在がどんどん離れていくように感じる。昔は他者に認められるために、許されるために必死に自分を消費していたけれど、最近では…

歳をとっていくごとに、自分の生の価値が薄まっていく感覚がある。 私の腕の傷を撫でながら「今でも切ってるの?」と聞かれた。そういえば最後に腕を切ったのはいつだろうか。2年前とか、正確に思い出せないくらい昔のこと。私は自分の体を傷付けて気持ちよ…

ごみ

初めてそこに入れたとき、彼女のよがるその体を、苦しそうなその顔を、消えてしまいそうに細い吐息を、目の前で感じてしまったとき、自分が彼女とは全く違う性であることを感じた。動くたびに、求められる。自分が男で、彼女が女であることが、ありありと浮…

ほんの少しだけ

自分には人を選ぶ権利なんてものはないけど、傷つくことを嫌だと思う権利くらいはあるんじゃないかなって思ったりする。今日もまた他者に捨てられた。私はとびきり容姿がいいわけでもなく、勉強ができるわけでも仕事がうまくこなせるわけでもない。いわゆる…

食による意味のある死をください

例えばシラスは何百匹も一気に食べて生を一気に消費している感じがグロテスクで嫌いという意見があるみたいだけど、ぼくは逆に生を無造作に消費する感じが好きです。 人間は基本的に生に重きを置きすぎている感じがある。命は大事にしなさいなんていうけれど…

どうしようもない

外に出ると体の周りにもやがかかったような感覚に陥る。もう季節は夏になり、外はとてもじゃないが人間が生きていけるとは思えないような暑さになっている。家の中ではいつもクーラーを付けているから全く熱さが分からず、体も夏の暑さを覚えてないからかふ…

おしまい

何もかもどうでもよかった。そもそも人生に何の意味もなくて、親の中出しの快感によって産業廃棄物が生まれた。みんな自分の人生が無意味なことくらいとっくに気付いているのに、遺伝子に組み込まれた死への恐怖が、それを考えないようにさせてる。すべては…

差異

人に嫌われるのが得意。気持ち悪いから。 嫌われ始めたのは中学くらいで、その頃は男のくせに全然身長も伸びなくて力も付かなくて、みなの当たり前とは違くて差異で嫌われていた。集団の中で異常なものは廃除される。当たり前のように嫌われていた。 嫌いと…

ねこさんになってました

朝起きたらねこさんになってました。 布団から出れません。いくら寝ても眠いです。これはねこさんになったからです。ねこさんはいつも寝ています。自由気ままに寝ています。 お腹が空きたので動きます。空腹には弱いです。ぐうぐう鳴るお腹に急かされてお湯…

世界の観測者

私は世界である。世界は世界であるために私を作り、私は私であるために世界を作った。 私はなにでできているのだろう。たんぱく質や骨、血液などの話ではない。私が私であるための理由だ。肉塊では世界を観測できない。世界は観測するものがいて初めて世界で…

2016年ボカロ曲ベスト10選

暇だったので今年めちゃくちゃ良かったボカロ曲を紹介します。ボカロ曲は本当に最高なものばかりなのでよかったら聞いてください。 ①叫鳴ムジカ 幻想的な音楽のボーカル初音ミクの曲です。かぴたろうさんの曲はなんか不思議な感じがして聴いていて心地がいい…