自己愛の過剰摂取

メンヘラオタクが暇つぶしに何か書きます

感情の熱量

私は今まで自分の人生に対して理想だとか目標だとかを持ったことがなくて、他者よりも人生に対する熱量の低い人間だと思う。

 

他者と話している時に、貴女はなにになりたいのか、貴女はどうなりたいのかと聞かれることがある。私はその時決まって言いはぐれてしまう。自分に理想がないから。どうなりたいだとかどうしたいだとかいう気持ちがなくて、ただ流されるように生きている。親がこうしろと言ったから、世間的にこうすることが一般的だから、そういうよくわからない自分よりも大きなものによって流されて生きている。自分のために頑張るということはどういうことなのだろうか。なにか大きな流れに逆らってまで自分のしたいことがない。ただ言われたことをこなすだけの日々、それで困ったことはない。

 

私は今まで何不自由なく育ってきたように思う。実家が貧乏なわけでもなく、頭が酷く悪いわけでも、運動神経が壊滅的でもなかった。人付き合いは苦手だったけれど、多少の友達は存在していて、強い孤独に苛まれたことも無い。親は厳しかったが暴力を振るうわけでも、進路を勝手に決めることも無く、何となく進みたい方向にも進めている。恋人だってこういってはなんだが切らしたことがない。顔が特別いい訳でもないが、悪い訳でもないらしく、私のことを気に入ってくれる異性も何人かいた。私は感情の強い人間ではないが、貰った愛に感謝しそれに答えるだけの優しさはあったので、恋愛で困ったことは無い。

 

このように、今まであまり困ったことがないのだ。何かに逆らって自分のしたいことを押し通すよりも、流れに身を任せて、その中で自分の出来ることをこなして行った方がいいのではないかと思ってしまう。

 

けど、時折思うのだ。親の反対を押し切って自分の行きたい大学へ進学したり、狭き門である就職口に努力して、しかし落ちてしまったり、本当に大好きであった恋人に振られて号泣していたり、そういう強い感情を持って生きていくのも楽しいのではないかと。

 

今まで頑張らなかった結果、私の人生は至って平凡だ。べつに会社の中で私がいなくてもなんとなく仕事は回っていくだろうし、私に振られることで号泣してくれる恋人もいない。熱意を持って生きるには、もう歳を取りすぎてしまった。今日もまた、明日もまた、この先ずっとこのままなんの変化もなく過ごしていくのかな。

 

世間はクリスマスで、今日はイルミネーションを見てきた。華やかな照明で素敵だったが、べつにみたかった訳では無い。素敵な世界の、平凡な私。

八方美人な自分が嫌い

人生の幸福度は自信に比例しているような気がする。自分に自信がある人間は皆楽しそう。顔が良ければ幸せだとかお金があれば幸せだとか言うけれど、大事なのは自分に自信があることで、顔が良かったら自信を持ちやすいとかお金があれば人より優れているから自信がつくとか、要は自信があれば人生楽しくやれるんだと思う。

 

私は八方美人で、自分の性格が大嫌い。誰にでもいい顔をして、嫌なことも顔色変えずにこなして、常に人の前で愛想よくして、それがものすごく疲れるのはわかっているのに、自分は他者に対して常にいい顔をしていなくてはならないと感じて気を張ってしまう。これも自分の自信のなさのせいな気がする。自分に自信がないから、常により良くいなければならない、他者に対して気を使わなければならない、他者が嫌がるような業務もこなさなければならない、そう考えてしまっている。疲れることはわかっているのにやめられない。家に帰ってどっと疲れを感じて布団に潜りながら今日も自己嫌悪。こんな人生楽しくないのはわかっているのに、どうしても自分に自信が持てない。

 

少し前に自分に自信を持ちたくて、マッチングアプリを使って異性と会いまくっていた時期があった。他者といっぱい会って話したりしたらもっと自然に他者と関われて自信がつくんじゃないかと思ったの。異性とあって話をして優しくされて、最初の方は自分にも優しくしてくれる人がいるんだって感動したりもしたけど、それはどうやら私に優しくしているのではなく、女って性別の生き物に優しくしているだけで、優しくするのはセックスがしたいだけって途中で冷静になって気付いてしまったのでやめました。その後よくわからん異性に抱かれまくったことにまた自己嫌悪して、他の子はこの時間に好きな人とデートしたり楽しく送っているのではないかと考えて辛くなったりしました。

 

どうやったら自分に自信が持てるんでしょうね。答えがわからないまま、また今日も八方美人していくんだと思います。あ〜自分に自信が持てるようになりたい。それか彼氏ほしい

大切な人

彼女が死んだ瞬間に自分のなかに終わりが見えました。今まで生きてきた人生、それなりに何かをこなし何かに立ち向かっていた気がしていたが、そんなのはガキの駄々っ子みたいなもので、自分以外なにも見えていなかったようで、そのせいで大切なもの、大切にすると決めていたはずのものを失ってしまいました。

 

すべて自分本位で、自分さえ良ければ生きていけると思っていたけどそれは全くの嘘で、おれは他者に依存して、自分の人生を他者に丸投げして全てから逃げて生きていたみたいです。その結果か弱い少女を一人失ってしまいました。

 

全て自分の思い通りに動いて、理想を全て押し込んでおくには人間一人では足りないのかも知れません。彼女は自分と、環境と、俺に押し込まれた理想とでぐちゃぐちゃになっていたのかもしれない。本当はおれが支えてあげなければならなかったのに、それもわからずにただただ甘えていました。

 

今でも自分は最低であったと思います。自分のどうしようもない愚かさのせいで、人を殺してしまいました。いつまでも、この事実から逃げないで生きていきたいです。時折その事実から逃げたくなってしょうもないことで彼女が死んだことを言ってしまったりしますが、もうやめます。彼女はおれのことを一番大切に思ってくれた、大切な人です。

感情のメモ、怒り

人が物事に対して理想を持って、その理想からそれた出来事に対して許容できる範囲でなかった場合に自分を正当化するために怒りという感情を使って正当性をアピールする。

 

他者が怒りの状態であるとき、脳内麻薬が出ており自分の思考の正当性のみを信じて動いているために反論は行わないほうが良い。

もう無理ですね

死にたいなー死にたいですね自分には何もなかったのに今は他者を傷つけたという事実だけが残っていてそんな人間生きてる価値もないのに人のこと殺したも同然なのにこれからいいことなんて起こったとしても人を殺してしまった事実は消えなくて一生それを背負って生きてくみたいでけど背負うほど生に強い欲望があるわけでもないですし人のこと殺したくせにのうのうと生きてるのなんて間違っている気がします。

 

何をしていてもふとしたときに思い出します死ぬしかないと訴えられているような気がしますそれが正解なのはわかってはいるんですけどこわいです殺されるのが一番良かったのに。またこんなこと言っている。思考の堂々巡りです。けどこれは死なないのが悪いんですよね死ねばすべて解決するのに死なないのがいけないんです。本当に今後何十年も生きていくんでしょうかどうなんですかね怖くても結局死ねないのが本当に愚かです醜いですおしまいです。まーべつにいいかぁどうでもいいもんな人が死んだってさ関係ないしおれは始めっから醜かったのに勝手に価値なんて作られてさもううんざりだよ黙って生きていけばよかったわ勝手に好かれて勝手に死んで。俺の醜さだけ大々的にさらしてさ。満足ですか?僕は本当に醜い存在です〜。そんなのはじめから知っていました〜。書いてるうちにどうでも良くなってきた。なんで好かれてたんだろ。意味がわからん。それはそこら変に存在しているただの肉塊です。勝手に期待しないでください。このまま何十年もゴミのまま蠢いていきます。しらんけど。そのうち死ぬかもね。この日記が唯一俺が生きたというあかしになるんだと思います。笑いながら見てやってください。悪口とかも募集してまーす。そんなのこないけど。俺が殺したんだよみたいなこと言ってる人もいたけどそのとおりでーす。死にまーす。死にませんけど。知りませんけど。先のことなんてわかりません。ただわかることは、勝手に価値をつけられて勝手に俺の行為が過ちにされて、正直しんどいです。俺はもともと間違ってた存在だったんだから勝手に捨ててくれたら良かったんだよ。勝手に俺のものになったまま死んで好きな人苦しめて幸せでしたか?良かったですね〜。俺は今後何も頑張らずにフリーターのまま一生ゴミで生きていきます〜。文は書いて行きたいから小説くらいは読もうかな。一生精神病背負っていくぜ。まぁ正社員とか無駄に頑張って続けることにならなくてよかった〜。あー死ね。自分早く死なないかな〜。事故に会いたいです。自分で死ねるほど強くないので。人生事故待ち。私に死を、死をよろしければ。こんな感じですね

いつも変わらず

ある日の夜明け、傍らで安心しきった表情で寝ている彼を見て愚かに思い、彼を愚かだと思う自分がひどく惨めに感じた。

 

私は今まで他者に対してあまり正直に話したことがない。自分の意志は社会の生きていく中ではあまり関係がないもので、いつだってより社会が円滑に進むように自分を操作してきたように思う。隣にいる彼のことも、本当は好きじゃないのに、そう望まれたから、周りからそう囃し立てられたから、なんとなく断るのが面倒で今の関係を作り上げた。求められるとどうでも応じてしまう自分がいる。自分の意志よりも他者の意思とか社会の意志のようなもののほうが力を持っていて、それに流されている方が何かと都合が良いと考えている。

 

自分の意思が他者や社会の意思を変えられるほどの価値も、熱量も存在していない。流されるままに生きている。彼が起きたらまた私に愛を嘯き、それに私は従順であるかのように振る舞うのだろう。いつまでこんなことが続いてくのだろう。一生?先のことは不透明で、けど社会のような大いなる力に流されて今後も生きていくように思う。

殺してください

まじで一生彼女を傷つけたことを背負って生きていくのか?ぼくは愚かな人間なのでどうしても自分は彼女のことを救えたんじゃないか一生一緒に入れたんじゃないかと考えてしまいます。別にぼくだけのせいじゃないとか人一人じゃ他人の人生は変えられないとか色々意見はあると思うけどそういうことを簡単に考えられるほど強い人間じゃありません。後悔ばかりです。自分の弱かを愚かさを他人に押し付けて自分ばかり楽になろうとして他人のことなんて考えてなくてべつにそんなことは分かってたし悪いこともわかってたのにそれが生きやすいからとか身勝手に考えて自己中心的で本当に最低だなと思います。やっぱり死んだほうがいいんだろうなぁ。今後彼女のことを忘れて生きていけるのがぼくにとっての最善なんだろうけど、そんな軽々しく忘れられるんだろうか。人一人死んでおいて勝手に忘れるなんてできるの?勝手に感情処理して別の道で生きていくなんてできるの?やろうと思えばできるんでしょうか。てかそんな生き方してていいの?人が死んでるんだぞ?ぼくなんかに依存して、ぼくなんかに捨てられたとか思って死んでるんだよ?何もわからない。自分には他者に好かれるような要素があるとは思えません。すべてがバグっているように感じます。なんでこうなっているんだろう。はじめから誰にも好かれず一人でダラダラ生きていればよかったのに。なんで人と関わっていたのかわかりません。申し訳ない。本当に身勝手でした。他者になにかしてあげられるわけでもないのに無駄に関わって、傷つけて、こんな終わり方して、本当に生きてていいの?生きてる価値がないのはわかってるんですけどね。死ねません。今日も無駄に一日を過ごしました。あんなに彼女が辛くて悩んでいた一日をこんな形でぼくは消費しているんですよ。あんなに死にたくなった一日を作ったぼくが。自分でも考えられない状態だと思います。早く死ぬべきというのはわかってはいるんです。けどこわいです。いっそのこと誰か殺しに来てください。そんな価値はないんですけどね。どうしてぼくを刺しに来てくれなかったんだろう。どうせなら一緒に殺してほしかった。勝手に死んでぼくを残して、どういうことなんだ?ぼくに傷つけられたなら殺してほしかったです。生かされても困ります。なんで生かされてるんでしょう。謎です。簡単に死ねる方法募集。まぁ死なないんでしょうけどね。は〜全部おしまいです。なにからなにまで謝って許されたら楽なのにな〜。多分一生ゴミのように生きていきます。弱い人間なのでほんとすみません。つよくなりたかったなぁ。他者を傷つけて安心するような人間になったことが後悔です。どうしてこうなったんだろうか。人生良くわかりませんね。早く終わればいいのになぁと願いながらまた呼吸します。