自己愛の過剰摂取

メンヘラオタクが暇つぶしに何か書きます

もう無理ですね

死にたいなー死にたいですね自分には何もなかったのに今は他者を傷つけたという事実だけが残っていてそんな人間生きてる価値もないのに人のこと殺したも同然なのにこれからいいことなんて起こったとしても人を殺してしまった事実は消えなくて一生それを背負って生きてくみたいでけど背負うほど生に強い欲望があるわけでもないですし人のこと殺したくせにのうのうと生きてるのなんて間違っている気がします。

 

何をしていてもふとしたときに思い出します死ぬしかないと訴えられているような気がしますそれが正解なのはわかってはいるんですけどこわいです殺されるのが一番良かったのに。またこんなこと言っている。思考の堂々巡りです。けどこれは死なないのが悪いんですよね死ねばすべて解決するのに死なないのがいけないんです。本当に今後何十年も生きていくんでしょうかどうなんですかね怖くても結局死ねないのが本当に愚かです醜いですおしまいです。まーべつにいいかぁどうでもいいもんな人が死んだってさ関係ないしおれは始めっから醜かったのに勝手に価値なんて作られてさもううんざりだよ黙って生きていけばよかったわ勝手に好かれて勝手に死んで。俺の醜さだけ大々的にさらしてさ。満足ですか?僕は本当に醜い存在です〜。そんなのはじめから知っていました〜。書いてるうちにどうでも良くなってきた。なんで好かれてたんだろ。意味がわからん。それはそこら変に存在しているただの肉塊です。勝手に期待しないでください。このまま何十年もゴミのまま蠢いていきます。しらんけど。そのうち死ぬかもね。この日記が唯一俺が生きたというあかしになるんだと思います。笑いながら見てやってください。悪口とかも募集してまーす。そんなのこないけど。俺が殺したんだよみたいなこと言ってる人もいたけどそのとおりでーす。死にまーす。死にませんけど。知りませんけど。先のことなんてわかりません。ただわかることは、勝手に価値をつけられて勝手に俺の行為が過ちにされて、正直しんどいです。俺はもともと間違ってた存在だったんだから勝手に捨ててくれたら良かったんだよ。勝手に俺のものになったまま死んで好きな人苦しめて幸せでしたか?良かったですね〜。俺は今後何も頑張らずにフリーターのまま一生ゴミで生きていきます〜。文は書いて行きたいから小説くらいは読もうかな。一生精神病背負っていくぜ。まぁ正社員とか無駄に頑張って続けることにならなくてよかった〜。あー死ね。自分早く死なないかな〜。事故に会いたいです。自分で死ねるほど強くないので。人生事故待ち。私に死を、死をよろしければ。こんな感じですね

いつも変わらず

ある日の夜明け、傍らで安心しきった表情で寝ている彼を見て愚かに思い、彼を愚かだと思う自分がひどく惨めに感じた。

 

私は今まで他者に対してあまり正直に話したことがない。自分の意志は社会の生きていく中ではあまり関係がないもので、いつだってより社会が円滑に進むように自分を操作してきたように思う。隣にいる彼のことも、本当は好きじゃないのに、そう望まれたから、周りからそう囃し立てられたから、なんとなく断るのが面倒で今の関係を作り上げた。求められるとどうでも応じてしまう自分がいる。自分の意志よりも他者の意思とか社会の意志のようなもののほうが力を持っていて、それに流されている方が何かと都合が良いと考えている。

 

自分の意思が他者や社会の意思を変えられるほどの価値も、熱量も存在していない。流されるままに生きている。彼が起きたらまた私に愛を嘯き、それに私は従順であるかのように振る舞うのだろう。いつまでこんなことが続いてくのだろう。一生?先のことは不透明で、けど社会のような大いなる力に流されて今後も生きていくように思う。

殺してください

まじで一生彼女を傷つけたことを背負って生きていくのか?ぼくは愚かな人間なのでどうしても自分は彼女のことを救えたんじゃないか一生一緒に入れたんじゃないかと考えてしまいます。別にぼくだけのせいじゃないとか人一人じゃ他人の人生は変えられないとか色々意見はあると思うけどそういうことを簡単に考えられるほど強い人間じゃありません。後悔ばかりです。自分の弱かを愚かさを他人に押し付けて自分ばかり楽になろうとして他人のことなんて考えてなくてべつにそんなことは分かってたし悪いこともわかってたのにそれが生きやすいからとか身勝手に考えて自己中心的で本当に最低だなと思います。やっぱり死んだほうがいいんだろうなぁ。今後彼女のことを忘れて生きていけるのがぼくにとっての最善なんだろうけど、そんな軽々しく忘れられるんだろうか。人一人死んでおいて勝手に忘れるなんてできるの?勝手に感情処理して別の道で生きていくなんてできるの?やろうと思えばできるんでしょうか。てかそんな生き方してていいの?人が死んでるんだぞ?ぼくなんかに依存して、ぼくなんかに捨てられたとか思って死んでるんだよ?何もわからない。自分には他者に好かれるような要素があるとは思えません。すべてがバグっているように感じます。なんでこうなっているんだろう。はじめから誰にも好かれず一人でダラダラ生きていればよかったのに。なんで人と関わっていたのかわかりません。申し訳ない。本当に身勝手でした。他者になにかしてあげられるわけでもないのに無駄に関わって、傷つけて、こんな終わり方して、本当に生きてていいの?生きてる価値がないのはわかってるんですけどね。死ねません。今日も無駄に一日を過ごしました。あんなに彼女が辛くて悩んでいた一日をこんな形でぼくは消費しているんですよ。あんなに死にたくなった一日を作ったぼくが。自分でも考えられない状態だと思います。早く死ぬべきというのはわかってはいるんです。けどこわいです。いっそのこと誰か殺しに来てください。そんな価値はないんですけどね。どうしてぼくを刺しに来てくれなかったんだろう。どうせなら一緒に殺してほしかった。勝手に死んでぼくを残して、どういうことなんだ?ぼくに傷つけられたなら殺してほしかったです。生かされても困ります。なんで生かされてるんでしょう。謎です。簡単に死ねる方法募集。まぁ死なないんでしょうけどね。は〜全部おしまいです。なにからなにまで謝って許されたら楽なのにな〜。多分一生ゴミのように生きていきます。弱い人間なのでほんとすみません。つよくなりたかったなぁ。他者を傷つけて安心するような人間になったことが後悔です。どうしてこうなったんだろうか。人生良くわかりませんね。早く終わればいいのになぁと願いながらまた呼吸します。

近況です

ブログを全く更新していませんでしたが、皆さん暇つぶしかなんだかわかりませんが、結構いろんな人に未だに確認されているみたいですね。

 

近況ですが、仕事をやめて今は実家で何もしていない状態です。彼女が死んで1ヶ月後、一応仕事に復帰してみたものの、今までの当たり前の生活から彼女がいなくなっている事実を頻繁に考えてしまい、彼女の死ぬ姿が一生脳裏に浮かび死ぬことばかり考えてしまう状態になってしまったため、逃げることになりました。まぁ死んでも良かった気はするんですけど、どうしてもこわいですよね。よく自殺できたなと思います。

 

今は薬を少し変えた効果か、何もしていないので脳が一切働いていないからかはわかりませんが、彼女の自殺する映像は霞んで見えているような状態になっています。とりあえず何も考えられていない状態です。

 

人生に対する興味がありません。自分の人生はもう終わっているように感じます。何もしたいことがなく、喪失感だけ一生心に残っていて、気力がないように感じます。

 

そのくらいしか言うことはありませんね。

彼女が自殺しました

7月1日、私の大好きだった彼女が自殺しました。自殺方法は電車のホームへの飛び降り自殺。その行為をツイートキャスティングで放送していたらしく、インターネットに出回っていました。

 

彼女の自殺の原因は様々あると思います。彼女は精神病を抱えていました。原因は主に家庭環境にあったみたいです。私も詳しいことはわかりませんが、片親でした。私は彼女とよく通話していて、よく喧嘩をしているのを聞きましたが、それでも仲は良かったように感じました。彼女は母親のことが嫌いではなかったようです。

 

私は彼女と付き合っていました、7ヶ月ほどです。Twitterで知り合い、よく話すようになりました。彼女はとても若く、私とは歳が離れていたため、少し仲良くしてくれているという認識でした。私が元カノに振られ、自暴自棄になっていたときがあったのですが、そのときにとても優しくしてくれたのが彼女でした。私はとても辛かった気持ちを彼女に押し付けて、救われていました。

 

彼女はとても可愛かった。死んでしまった。私が殺してしまいました。私達は依存しあっていたように思います。私も彼女のことかで大好きでした。彼女も私のことが大好きだったように思います。毎日通話して好きと言い合っていました。本当に大好きでした。今でも何もかも信じられません。彼女が死んでしまったことだけが事実で、他には何もなくなってしまいました。

 

私と彼女は6月30日に喧嘩をしました。その日もいつものような通話をしていました。仕事の話になり、疲れるよねとかだるいよねみたいな話になっていました。そのとき、ふと彼女が「なんで仕事頑張ってるの?」と言いました。今考えてみれば、ただなんとなく言っただけのセリフのように思えます。しかし、その時の自分は仕事がはじまって3ヶ月ほどで、環境にもなれておらず、まいにちいきていくので精一杯ですね余裕がありませんでした。私は毎日頑張って働いて、お金を稼いでなんとか生きたり彼女と会ったり、ゆくゆくは同棲して結婚するのだと考えていて、そのためならなんとか頑張っていける、そう思っていました。それなのに、そこ考えを、頑張ってきた3ヶ月をすべてバカにされたように感じて、頭が真っ白になってしまいました。唐突に通話を切り、その日は寝ました。次の日もまだ気持ちが整理できておらず、通話を無視してしまいました。ただなんとなけ放ったその一言が飲み込めなかったのです。その日のうちに通話をしていれば、彼女は死んでいませんでした。最後に送られてきていたLINEを覚えています。「こえきかせて」そう打たれていました。9時50分くらいだった気がします。飛び降りる少し前だったのでしょうか。

 

私は人のことがうまく信用できません。他者はこわく、何を考えているのかわからず、自分は他者から好かれるようなことはないと考えています。私は友達がいません。自分が他者と関わってもらえるだけの価値が無いです。プライベートでわざわざ他者が私と関わってもらえるとは考えられません。

それなら自分一人で生きていけば良いと思われるかもしれませんが、私は何故か寂しくなって人との関係を求めてしまいます。私は他者からの行為にすがって生きてきました。仕組みはわかりませんが、私はたまたま彼女から好かれました。私も彼女のことが好きになりました。お互いがお互いを好きになるのは良かったのですが、私達は共に未熟で、依存しているような形になってしまいました。

 

この問題は、私が他者とのコミュニケーションを恐れていたがために起こりました。私も彼女も人として未熟で、そして不安定でした。彼女は人と話すことでしか安定できず、私は自分の殻に引きこもり、自分だけの世界に入って心を守ることでしか安定ができていませんでした。私は自分のことを他者が本当に受け入れてくれるとは信じておらず、他社から私が間違っていることを言及されることに怯えていました。私は他者から否定されたくなかった。自分がもし間違っていたとしても、自分がそれで良ければいいのだお言い聞かせてきました。しかし、生きていくためには、他者とともに生きていくためには、自分だけが良くてもだめだということに、今更ながら気が付きました。本当に私は愚かな人間です。人一人死んでようやく気がつけたのですから。私は彼女に都合の良い存在だと思っていたようです。けどそれは違います。彼女も人間であり、いろいろなことを考えています。生きるのも辛かったんだ。けど生きていてくれたんです。私なんかにすがって。私も彼女にすがっていたはずなのに、何を怖がっていたんだろう。どうして彼女のことを信じて話さなかったんだろう。一言「〇〇と一緒に過ごすためだよ」って、どんなに怒った口調でも良かった。そう言ってあげたら良かった。そう思っていたのに。どうして否定されたと思ってしまったんだろうか。二人なら生きていけたのに、どんなにつらくても、二人でなら。そう思っていたのに、私は本当に愚かな人間でした

コミュニケーションについて

人間同士のコミュニケーション方法の中で、共通の他人についての悪口を共有するというものがある。これはインターネットにおいてもリアルにおいてもよく見かけるが、自分はこの方法のコミュニケーションをあんまりとったことがない。その理由について考えてみた。

 

まず私は小学校でいじめられていた。人間がまず最初に人とまともにコミュニケーションを取る場所で早々に躓いてしまっていた。いじめというものはまさに共有の敵を作ってコミュニケーションを行うもので、自分はその敵に指定されてしまっていた。この段階でまずこのコミュニケーションに馴染むことができない脳になってしまったんだと思う。基本的にはみんな小学校でそれなりに立ち位置を考えながら生きていけているので、このコミュニケーションが主流になるのはなんとなく理解できた。

 

この他者の悪口を共有するコミュニケーション方法は歳をとっても続けられているようだ。小学校や中学校は基本的にいろんな能力の人間がいて、差が激しいので悪口を言いやすい環境があるのはわかるが。なぜ歳をとってもこの悪口によるコミュニケーションが続けられているのだろうか。

 

これはTwitterを見ててなんとなく思ったことなんだけど、悪口をよく言う人はその人自身が大したことがない、って言うと言い過ぎなんだけど、その人自身がしょうもないことが多いと思う。特にやりたいこともなくて他人からの劣等感だけやたら持っていて日々に不満がある、そんな人たちがよく悪口とか批判?とかしている気がする。

 

なんとなく思いついたんだけど、人間は基本的に歳を取ると自由が増えていって、いろんな選択肢が出てきてできることが増えていくように思える。その中で自分がやりたいことを見つけられた人間はまた次のステージとして将来のこととかそういう未来に進んでいける。けどその自由の中で自分のしたいことが見つけられなかったり、選択肢の中で他者と比べられて劣等感を必要以上に抱いてしまってそれに囚われたり、要は次のステージに進めなかった人間が他者への悪口を共有するコミュニケーションに固執しているように思える。インターネットでもやたらと何かをディスするツイートが伸びたりしているのはそういうしょうもない人間がいっぱいいるということなんだろうなと思う。Twitterに張り付いてる人間なんて他に趣味がない何もない人間ばかりだろうしそういうツイートが伸びるのは仕方ないように思える。

 

そういえば自分みたいな小学校とかの段階からコケている人間は、基本的に早々にコミュニケーションを捨てているので必死に自分が楽しめることなどを探していくので、あんまり悪口とかに興味が出てくることはないんじゃないかな。自分はそういう感じで、自分の興味があること以外は結構どうでもいい。けどこれは個人では行きやすいけど社会性はどんどん失われていくしあんまり良くない方法な気がする。けど興味がない者は仕方がないよね。みんな頑張って生きてて偉いです。

私の中にある私の理想は、いつだって私を傷つけるためにある。

 

季節が春になると世界が一変する。命が芽吹き花が咲くように、私を取り巻く環境も次々と変化を見せる。私は今日、いよいよ高校生になるらしい。思ったよりも勉強もしておらず、今までろくに努力もしてこなかったけど、一応高校生にはなれるらしい。隣の家の由佳ちゃんが高校生になったときはとても大人っぽくてスカートも短くてかわいくてすごい遠い存在に思えていたのに、なってしまった今では何も変わっていないように思える。それでも私を取り巻く環境はどんどん変化していく。

 

昨日の夜に学校に行きたくなくて泣いた。環境が一変するのに私自身は何も変わっていなくて、それでも変わっていかないといけなくて、それがうまくいかないかと不安で泣いていたように思う。自分の中には無意識に理想というものがあり、自分がそれになれていないのに新しい場所に飛び込むのがこわい。そもそも理想なんてうまく想像できないんだけど、けどなんとなく今のままじゃいけないみたいな気持ちはあってもっと良くならないといけないみたいな気持ちはあって、けどどう良くなったらいいかよくわからなくて、そういうものに悩まされている。本当は私は私で特に何か変わっていったりしないのかもしれないし、悪い方向にどんどん変わっていってしまうのかもしれない。目に見えない理想がこわくて、泣いてしまっていた。

 

泣いたところでどうにもならないということに泣いたあとに気がついて、なんでかわからないけど泣くと少し落ち着いた。結局自分は自分で駄目でも良くてもなんとか生きていくしかないんだと思う。

 

学校ではそこそこ人と話せた。いろんな人がいるみたいだけど、みんな緊張してるからか落ち着いていて、なんとかやっていけるのかもしれないと思った。理想通りになっていなくても、うまくやっていけるならそれでいい気がする